自分の体の”ゆがみ”気になりませんか?

お知らせ

「寿命図鑑」

矢嶋コラム29.4画像

 こんにちは。本院のじーまです。

先日、本が大好きな小学4年生の長女が図書館で面白い本を借りてきました。 「寿命図鑑」 動物や植物はもちろん、食べ物、機械、建築物まで様々なジャンルの寿命が纏めてある図鑑です。

身近なところで、「鉛筆」。 1本の鉛筆で書ける線はフルマラソンより長い50km。ひたすら書き続けると7時間で短くなるそうです。 鉛筆が50kmもの働きをしてくれているとは!と驚きました。 ちなみに使われていない鉛筆は半永久的で、400年前のものが今も普通に使用できるそうです。

身近なもの、その2 「お札」 たくさんの人の手に渡りボロボロになっていくお札。 1万円札は4〜5年、お釣りのやりとりが多い5千円札千円札は1〜2年で日本銀行で処分され、新しいのが作られるそうです。 そして細かくシュレッダーされたお札は住宅用の外壁材やトイレットペーパーなどに再利用されるそう。 千円札が1〜2年というハイペースで処分されているとは!!! お札かまさかのトイレットペーパーになっているとは!!!

母の知らないことばかり。 娘は時間があれば本を読みあさっています。そうして雑学を少しずつ身につけているようです。 母も置いてかれないように読んでみましたが、頭に残らない! 差はどんどん広がりそうです。